ムハレム・ヒルミ・シェナルプ

Muharrem Hilmi Şenalp

  1957年コンヤ生まれ。小学校から高等教育までをコンヤで終え、1981年イスタンブル工科大学建築学部を卒業した後、同大学で建築システムを、ユルドゥズ工科大学で建築の歴史と修復学の修士課程を修了する。その後、ボスフォラス大学で4年間講師を務め、1983年以降、フリー建築家兼コンストラクターとして地位を確立。  

 西欧化以前のオスマントルコ建築を簡略化・様式化し、近代化以前とは異なる形で伝統の再来を実現しています。伝統的イスラーム芸術全般への研究を行う他、極めて伝統楽器への関心が強く、タンブル・レバブ・ネイに精通します。作曲家、ジャヒード・ギョズカーン、サバハッディーン・ヴォルカンそしてケマル・バタナイ氏らから影響を受け、クラッシック様式の表現法を修得します。2000年に施工を終えた東京ジャーミーとトルコ文化センターにおいて、2002年、日本建築・建築科学研究所より日本建築を活気づける40点の一つとして選ばれ、「優秀照明施設賞」を受賞します。また、121ヶ国が参加した愛・地球博におけるトルコパビリオンにおいても、万博のテーマに即したデザインが評価され、「Nature's Wisdom Awardー自然の知恵賞」を受賞しました。

 イスラム芸術の真髄であるフラクタル幾何学。この本質的形状から設計と構築、さらには、幾何学模様の三次元への立ち上げによる新構造を作り出しました。これらの試みを基に、今までにない異種の建築言語を用いることに努めています。